UNSEEN SYNDROME

content  links  Profile

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いくつか映画を見てきたので

仮面ライダーディケイド完結編/仮面ライダーW
ONE PIECE FILM Strong World
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説
の、三本ほどを見たのでブログ更新のネタにでもしようかと。
■仮面ライダーディケイド完結編/仮面ライダーW
 ディケイドが完結編と謳っているだけあって、しょっぱなから話の展開が速い。スカイライダーとJは掴みのインパクトのためだけに平成ライダーばかりの中に突っ込まれたんだろうなぁなどと思いつつ、スーパー1が超空気だった。
 前回のライダー全集合と違い、軸がディケイドだけだから話のブレや消化不良感はそんなにない。
 平行世界移動ものだからなのか、多少は解釈を挟まないとストーリーが消化できないのは気になった。
 でも不満はその程度で、完結編としては話もアクションも出来がいいと思う。
 つーか、TVシリーズ見てなくて、平行世界ネタで歴代ライダーと競演する、ってののがディケイドらしいって程度しか知らない俺でも楽しめたので、本当にシンプルに出来がいいんだと思うわ。

 Wのほうは、どうもTVシリーズ前夜のお話らしいので、やっぱりTVシリーズ見てない俺だが、すんなり入っていけた。
 つーかおやっさんかっこいいよおやっさん。始終シリアスだったディケイドと比べてユーモアの入った作りなのは、やっぱり完結編と前夜ストーリーの違いなのかね。
 同行してたDACEによると、途中にあったフォームがTV未登場だったらしい。映画最後のカットで新キャラっぽいのが顔出ししてたり、こういうちょい出しはよくやってるそうな。
 全体的にディケイドもWもストーリーや戦闘シーンのバランスが高くまとまってると思った。しょーじき、前回のダイショッカーVSオールライダーより面白げふんげふん。

■大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説
 いろんな意味で仮面ライダーと好対照。ライダーはアクション&ドラマのバランスがよかったんだけど、こちらはアクション偏重でストーリーは場面を作るための舞台装置でしかない感じの割り切った作り。ショッカーVSオールライダーもこのくらい割り切れていればなぁ。
 パンフを見ると、"マニアならわかる"小ネタがちょこちょこ散りばめられているようで、そういう楽しみ方もできるのかしらん。
 残念ながら俺のウルトラ系知識はミスターファイヤーヘッド止まりな、にわか知識なんでさっぱり。
 ちなみに映画自体もなかなか面白かった。終盤のゼロ無双はオイオイと思わなくもなかったんだが、カッコよい絵作りされてたので気にしない。
 あと、ベリアルの造形がかっこいいわ。マッシブ体型のウルトラマンっていままでいたかしら? 漫画でならSTORY0のゴライアンが該当するんだけど。


■ONE PIECE FILM Strong World
 "いつものワンピース"でした。以下略。


んー、ヤマトでも見ようかなぁ。
  1. 2009/12/14(月) 22:42:43|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<"俺に任せろ"と"俺が守る" | ホーム | アプローチを求めるのではなく。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dinsark.blog29.fc2.com/tb.php/310-1f5c70c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

思い入れがある人にはかえってつらいかも 「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」

 九条小夜子(以下九) 「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」、観てきました~。  豊橋ミケ(以下猫) 小泉純一郎と...
  1. 2009/12/15(火) 04:29:36 |
  2. 小夜ミケのネタころがし

カテゴリー

カレンダー

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。